スキルのない素人が、印象と好き嫌いで合否を決めている。それが採用面接。

仕事柄、たくさんの会社の採用を見聞きしてきた。

そして気づいたのは、「いい人が採れない」理由の多くは、身も蓋もないが給料が安く、仕事がつまらなく、友達に自慢できない職場だからという事実だ。

だから、とりあえず手っ取り早く改善できることとして、いい人を採りたいなら、他の条件がだめでも、せめて給料上げるくらいはすれば、という話を上の記事で書いた。

だが、それでもいい人が採れない、というケースもままある。

その場合、ほぼ間違いなく次の理由で採用できていない。

それは「面接官が無能すぎる」ケースだ。

単純に言うと、面接官が無能すぎて、応募者に呆れられてしまっているのである。

それでいて、媒体のせいにしたり、採用担当のせいにしている会社が結構あるのだから、始末に負えない。

おそらく、社員も外部も、誰もはっきり言わないのだろう。

「本当は、面接がダメすぎて、応募者に辞退されているケース、ものすごく多いですよ」と。

社長が採用にタッチしなくなるだけで、めちゃくちゃ採用は改善されますよ、と。

そういうことである。(source:https://blog.tinect.jp/)