“男女同室着替え”の問題、中高でも…。「下着が見える」の訴えも、なぜ改善しないのか。

「男女が同じ教室で着替えている」

「更衣室がなく、空き教室を使わせてほしい」

全国の小中学校・高校で、今なお「男女同室での着替えが行われている」との訴えが、ハフポスト日本版のアンケートに次々に寄せられました。

男女同室での着替えが社会問題になった2000年代、国は適切な対応を求める通知を学校側に出していましたが、一部の現場で改善されないままになっています。

なぜ状況は依然として変わらないのでしょうか?

教頭「小学校でも一緒だから習慣に」
「せめて空き教室を使わせてもらえたら…」

福岡県内の女性は、中学3年の娘が通う中学校では、今も男女が同じ教室で着替えをしていると明かします。「娘もはじめはびっくりしていましたが、今は仕方ないと言っています。私は男女で分けてほしい気持ちが大きいのですが…」

学校に取材したところ、男女同室で着替えていることは事実であると認めました。

教頭は取材に、「子どもたちは体育の授業がある日は、自宅から体操服を制服の下に着て登校しています。地元の小学校でも男女で一緒なので、同じ教室で着替えることは習慣になっています」と説明します。

さらに、教頭は「恥ずかしいという子は体育館の更衣室で着替えています」として、選べる環境にあると話しました。

一方で、女性の娘は「更衣室があること自体知らなかった」と証言します。

教頭は、男女同室の着替えをこれまで把握していなかったとして、取材に「職員間でもう一度話し合い、男女で分ける対応を検討したい」と述べました。